早いが吉の年齢肌美容!20代からのおすすめファーストエイジングケア

"早めの予防が勝ち! 20代からのエイジングケア"

「エイジングケアって30代40代からじゃないの?」
「シワやたるみはまだ気にならない」
エイジングケアと聞くと、20代はまだ早いと思う方が多いのではないでしょうか。

しかし、肌は悩みがでる前に備えておくことが大切です。

この記事では、20代からのおすすめエイジングケアを紹介。
スキンケアと生活習慣の2つの視点からくわしく解説しています。

美しく年齢を重ねたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

本記事内における注釈の解説
※エイジングケア:年齢に応じたお手入れ。
※美白:メラニンの生成を抑えシミそばかすを防ぐ。

CONTENTS

いつから始める?20代からエイジングケアする意味とは?

エイジングケアとは、年齢に応じた肌のお手入れのこと。

特に20代のエイジングケアは「ファーストエイジングケア」ともいわれており、いわば5年後、10年後の肌を美しく保つための「先行投資」です。

ただエイジングケアは「たるみやシミをケアする」イメージが強く、20代にはなじみの薄い言葉かもしれません。

しかし、10代の頃と比べて肌状態が変化したように感じている方もいるはず。
特に25歳を過ぎると肌状態に変化が起こり始めるといわれています。

  • ターンオーバー※が遅くなる
    ※肌の生まれ変わり周期のこと。
  • ハリを保つ成分が減少する

年齢にかかわらず、肌のうるおいや質感に変化を感じたら早めに対策が大切。

20代の頃からしっかりケアすることで、30代、40代への肌貯金ができるでしょう。

20代からの「エイジングサイン」をセルフチェック

エイジングケアをする前に、まず自分の肌状態を知ることが大切。

肌が老化しているサイン(エイジングサイン)が出ていないかチェックしてみましょう。

【エイジングサイン】

  • 乾燥やごわつきを感じることが増えた
  • 肌の調子が安定しない
  • シミ、そばかすが増えた
  • 目元口元に小ジワができた
  • 毛穴がたるんで目立ってきた
  • ほうれい線が目立ってきた
  • 顔がくすんで暗く見えてきた

肌状態の変化だけでなく、「10代から愛用していた化粧品が合わなくなる」のも目安になります。

ひとつでも当てはまる方は、今日からエイジングケアを取り入れてみてください。

20代のエイジングケアおすすめスキンケアアイテム

20代からエイジングケアをするなら、保湿と美容成分を上手に取り入れるのがカギ。

「なにを使えばいいかわからない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 肌質に合わせて化粧水、乳液を選ぶ
  • ハリつや成分配合の美容液

基礎化粧品(化粧水、乳液、クリーム):肌質に合わせる

20代からのエイジングケアでは、自分に合うシンプルな保湿をするのが基本。

肌の乾燥はシミ、シワ、くすみなどのあらゆるエイジングサインにつながります。

肌質に合った基礎化粧品で肌を整えて、乾燥を防ぎましょう。

肌質 おすすめ基礎化粧品
乾燥肌

カサつき
外部刺激に弱い

油分と水分を補う

  • ブースターの追加
  • こっくりとした高保湿タイプ
脂性肌

皮脂が多い
テカリやすい

皮脂の分泌を抑える

  • オイルフリー
  • ノンコメドジェニックテスト済み※1
混合肌

おでこ~鼻がテカリやすい
頬はカサつきやすい

部分的に使い分ける

  • テカる部分はオイルフリー
  • カサつく部分はこっくりとした高保湿タイプ
敏感肌

かゆみ、ヒリつき、赤みがでやすい

低刺激かつ無添加

  • アレルギーテスト済み※2
  • 無添加
    (無香料、無着色料、ノンパラベン、アルコールフリー、鉱物油フリー)

※1すべての方にニキビができないわけではありません。
※2すべての方に皮ふ刺激やアレルギーが起きないというわけではありません。

さらに、肌質問わず注目したい成分は高保湿成分です。

【高保湿成分】

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • スクワラン
  • ホホバオイル など

特にヒアルロン酸やセラミドは、もともと肌にありうるおいを保っている成分。
加齢ともに減少するため、スキンケアで補うとベターです。

BiBIYELL編集部

大切なのは継続して保湿ケアを徹底すること。
価格帯含めて無理なく使い続けられるものを選びましょう。

テクスチャーや香りなど、毎日ストレスなく使える使用感の良いものがおすすめです。

美容液(ブースター):ハリつや成分をプラス

20代からのエイジングケアは、ハリつやを支える美容成分を取り入れるのがコツです。

基本のケアに美容液をプラスして、みずみずしい肌を目指しましょう。

成分名 効果
ビタミンC誘導体

  • アスコルビルリン酸Na
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • APPS(アプレシエ)
    →パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na など
 

  • シミの予防
  • 乾燥によるくすみの改善と予防
  • 乾燥によるザラつきの改善
レチニルエステル
(ビタミンA /レチノール誘導体)

  • パルミチン酸レチノール
  • プロピオン酸レチノール
  • 酢酸レチノール
 

  • 乾燥によるシワの改善と予防
  • 乾燥によるザラつきの改善
  • ハリのある肌に導く

美容液やブースターをはじめて使う方は、ビタミンC誘導体をチェック。
シミ予防をはじめ、肌トラブルのサポートなど、マルチな美肌効果を持つのが特徴です。

レチニルエステルは、健康的な肌つやを演出してくれる成分。
毎日たっぷりと取り入れることで、肌自体がSPF20のUV効果を持つともいわれています。

20代の肌貯金にぴったりのハリつやUP成分を取り入れて、エイジングサインを予防しましょう。

    20代からのエイジングケア習慣

    20代からエイジングケアをするなら、日々の生活習慣の見直しも大切です。

    • 紫外線対策を徹底する
    • 食事に抗酸化食材を取り入れる

    紫外線対策(日焼け止め、帽子、日傘、サングラス)

    20代からのエイジングケアでは、紫外線ダメージから肌を守ることが欠かせません。

    実は、肌が老化する原因の8割は紫外線ダメージといわれています。
    日焼けして肌が黒くなるだけでなく、シミやくすみ、たるみ、シワ、肌荒れなどの原因になりかねません。

    日焼け止め+UVグッズで、徹底的に紫外線を防いでいきましょう。

    【紫外線対策のポイント】
    <日焼け止め>
    • シーンに合ったSPF、PA値を使う
      →レジャー:SPF50、PA++++
      →日常:SPF17~30、PA++~+++
    • 2~3時間ごとに塗り直す
      →パウダー、クッション、スプレー、スティックタイプが便利

     

    <UVマスク/帽子/日傘/サングラス
    • UVカット加工アリを選ぶ
      →完全遮光100%、UVカット率99.9%
    • 使いやすさも重視する
      →丸洗いOK、折りたたみ、デザインが好みなど

      天候や季節、室内外に関わらず、紫外線対策は1年中マスト。
      曇りの日や冬、ガラス越しでも紫外線は降り注いでいます。

      帽子やサングラスのような物理的なUV対策なら、肌荒れで日焼け止めが塗れないときにもおすすめ。

      自分が使いやすいと感じるアイテムを見つけて、毎日の習慣にすることが大切です。

      「マスク焼け」にも注意

      マスク着用が多い今、紫外線対策をせず「マスク以外部分だけ焼ける」「マスク部分も焼ける」という悩みが増えています。

      ムラ焼けを防ぐためにも、マスクの有無に関わらず紫外線対策を心がけましょう。

      健康的な食事+抗酸化食材

      20代からエイジングケアするなら、抗酸化食材をとることがポイント。

      そもそも老化の原因は、体の酸化ともいわれています。
      抗酸化食材は、加齢とともに低下する体の「抗酸化作用」をサポートしてくれる食べ物です。

      下記のような栄養素を含む食品を意識して食べるといいでしょう。

      • ビタミンC
        →緑黄色野菜、柑橘系フルーツ
      • ビタミンE
        →植物油、ナッツ類、穀類、魚介類
      • ミネラル
        →海藻類、魚介類、納豆
      • ポリフェノール
        →プルーン、りんご、カカオ
      • カロテノイド
        →赤パプリカ、トマト、ほうれん草

      ただし、「抗酸化食材だけを食べていればキレイになる」というわけではありません。

      美肌を保つには栄養バランスのとれた食事を3食きちんと食べるのが大前提。
      タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル・食物繊維をバランス良くとりましょう。

      執筆・編集

      光織
      1998年、東京の新宿生まれ。
      食品やサプリからスキンケア、コスメの知識を活かしwebライターとして活動。
      栄養士資格、化粧品検定1級を取得しており、現在はアーユルヴェーダマイスターを勉強中。
      CONTENTS
      閉じる