脇毛処理はちくちく残る!セルフでもきれいな剃り方、おすすめケア方法

脇毛処理はちくちく残る!セルフでもきれいな剃り方、おすすめケア方法

「脇毛処理しても、黒いポツポツが残る…」
「定期的に剃ってるのに、すぐにチクチクしてかゆい…」
など、意外とうまくできない脇毛処理。

剃るのが難しい部分だけに、間違った自己処理をしているのが原因です。

そこでこの記事では、セルフでの脇毛処理方法や、ツルツルな脇を保つポイントまでわかりやすく解説。

正しい処理でいつでも見せられる脇を目指しましょう。

CONTENTS

脇毛の自己処理で”黒いブツブツ”が残る原因

脇毛のセルフ処理で黒いブツブツができる原因は自己処理の方法にあります。

  • 間違った剃り方をしている:剃り残し
  • 自己処理頻度が多すぎる:肌ダメージ(色素沈着)
  • 毛抜きによって毛穴がダメージを受けている:埋没毛

脇は他の部位に比べて丸みを帯びており、剃りづらい部分。
刃の向きを正しく当てないと、うまく剃れずに残ってしまうことが多くあります。

また、毎日のように脇を剃っている方も要注意。
肌がダメージを受けて乾燥し、シミ色素沈着を起こします。

さらに、うまく剃れないからと無理に抜いてしまうと、ダメージを受けた毛穴が塞がりかねません。
出てこられなくなった毛を埋没毛と呼び、黒くブツブツに見えてしまうのです。

脇毛処理は”抜く”と”剃る”、どっちがおすすめ?

セルフでの脇毛処理方法は色々ありますが、中でもカミソリや電気シェーバーで”剃る”のがベター。

自己処理種類 処理方法 肌負担
カミソリ
電気シェーバー
剃る 比較的
少ない
毛抜き 抜く かなり
大きい
除毛クリーム
ワックス
薬剤で
溶かす
比較的
強い

先述の通り、毛抜きで処理してしまうと毛穴や肌へのダメージが大きいです。
除毛クリームは薬剤の刺激が強いため、敏感肌の方は注意しましょう。

もちろんカミソリやシェーバーも、肌負担がゼロではありません。

ダメージを最小限に抑えるためにも、正しい剃り方で処理するのが大切です。

カミソリ、シェーバーで綺麗に剃る脇毛処理の仕方

脇の黒いブツブツを残さないために正しい剃り方のコツをおさえて、つるつるの綺麗な脇を目指しましょう。

【事前準備】

  • 1cm以上長い毛はカットしておく
  • カミソリ、シェーバーの刃を確認する(錆び、欠け)
  • 肌を清潔にしておく(汗や皮脂、制汗剤などの汚れを落とす)

【脇毛処理方法】

正しい自己処理の方法(カミソリ、シェーバー)

  1. 水気をタオルで拭く
  2. 乾いた脇にシェービングジェルやクリームを塗布
  3. 腕を上げて脇を平らにする
  4. 中心に向かって4方向からシェービング

→反対も同様に

剃る前には、必ずカミソリやシェーバーの刃を確認
錆びや欠けがあると剃り残しだけでなく、炎症を起こすことがあるので注意しましょう。

剃るときは腕をしっかり上げて、ゆっくり力を入れずに剃るのがポイントです。

処理頻度は、肌ダメージを考えると1週間に1回程度が適切といわれています。
ただし生えるスピードは個人差があるため、しっかりケアをしながら調節すればOKです。

BiBIYELL編集部

シーバーはヘッド部分が動くタイプがおすすめ!

脇の丸みにフィットします。

カミソリと電気シェーバーの違いってなに?

≪カミソリと電気シェーバーの違い≫

メリット デメリット
カミソリ ・安価で購入できる
・深剃りしやすい
→1度でしっかり剃れる
・角質まで剃ってしまうため肌ダメージが大きい
・錆びやすい
電気シェーバー ・肌ダメージが少ない
・壊れるまで使える
・他の部位にも使える(腕、足etc)
・カミソリに比べて綺麗に剃るのが難しい
→重ね剃りをしてしまうとカミソリよりも肌負担になる

もともと毛深い方、毛が太い方は、しっかり剃れるカミソリがおすすめです。

敏感肌の方は肌負担が軽減されるシェーバーがベター。

頻度や毛、肌の状態によってカミソリとシェーバーを使い分けしてもいいでしょう。

セルフ脱毛は”脇毛処理後の保湿ケア”でつるつるをキープ

つるつるの脇を長くキープするには、処理後のアフターケアが大切。

脇毛処理後の肌は敏感な状態になっています。
そのまま放置しておくと黒ずみやザラつき、乾燥などのダメージを起こしかねません。

下記のような高保湿成分が配合されたローションやクリームでケアしましょう。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド
  • ワセリン…など

また、保冷剤や冷たいタオルなどをあてて冷やすのもおすすめです。
肌負担を緩和し、カミソリ負けなどの炎症を防ぐ効果があります。

脇毛処理を徹底するならサロンや医療脱毛がおすすめ

自己処理の負担を減らすなら、サロンや医療脱毛に頼るのもアリ。

剃り残しや黒ずみリスクが格段に減るだけでなく、肌ダメージも抑えられます。

脱毛サロンと医療脱毛の比較

(※タップで詳細にスクロールします)

おすすめの人
サロン脱毛
  • コスト重視
  • 痛みが気になる脱毛初心者
医療脱毛 少ない回数で早く脱毛を終えたい

サロン脱毛は低コスト、痛みが少ない

サロン脱毛の特徴
脱毛方式 光脱毛(フラッシュ脱毛)
施術者 エステティシャン、サロンスタッフ
永久脱毛か ✖(半永久脱毛)
痛み ほとんどなし
脇1回あたりの費用目安 500~3,000円前後
効果を感じるまでの回数 12~18回前後

サロン脱毛のメリットは費用の安さ痛みの少なさ

割引キャンペーンが行われていることも多く、お得に通えるのが嬉しいポイントです。

医療脱毛に比べて痛みが少ないため、不安なく通いやすいでしょう。

しかし効果を感じるまでの期間が長いこと、今後生えてくる可能性があることがややネックです。

痛みが心配な脱毛初心者さん、時間はかかってもコストを抑えて脱毛したい方に向いています。

お手頃価格で選ぶなら/

「ミュゼプラチナム」
1月キャンペーン100円(税込)
無制限
ワキ脱毛

ミュゼバナー

  • 毎月のキャンペーンがお得!
    両ワキ+Vライン回数無制限100円(税込)
  • 肌にやさしいS.S.C脱毛で敏感肌OK
  • 美肌に導くケア付き!

とにかくコスト重視!肌へのダメージをできるだけ抑えたい!という方にピッタリです。

1月のキャンペーンは回数が必要な両ワキ+Vラインの完了コース付き!

  • 追加料金なし!納得するまで何度でも通える
  • 施術時間は約30分とスピーディ!忙しい方も通いやすい
  • 28日に1回通える※から効果を実感しやすい

※1~6回のまでのお手入れ

100円(税込)で満足するまで脇脱毛できるのは、ミュゼだけでしょう。

また、施術後はワキ専用美容液でアフターケア♪
脱毛後に気になりやすいくすみをしっかり予防できます。

\1月限定キャンペーン/
両ワキ回数無制限100円(税込)ミュゼ1月キャンペーンバナー
まずは無料カウンセリング!

≫ミュゼプラチナム
体験コースをチェックする≪

※:全身脱毛は、全身を3つに分けて通っていただくプランとなります。

医療脱毛なら短期間で効果を実感!

医療脱毛の特徴
脱毛方式 医療レーザー脱毛
施術者 医師、看護師
永久脱毛か
痛み 強い痛みを感じることも
脇1回あたりの費用目安 3,000円~10,000円前後
効果を感じるまでの回数 5~8回前後

医療脱毛は照射パワーが強く、短期間で効果を実感できます。
脱毛後の
自己処理がほとんど不要になるのがメリットです。

懸念されるのは、サロンに比べてコストがかかる点痛みが強く出やすい点。
とはいえ、最近では痛みに配慮された機械の導入や麻酔の使用など工夫がされています。

「1年以上かけて通うのは正直めんどう」
「脱毛をしていたけど、まだ少し毛が残ってるから仕上げにきれいにしたい」
という方に向いているでしょう。

痛みが少ない医療脱毛なら/

「フレイアクリニック」
がおすすめ

フレイアクリニックバナー

  • 蓄熱式脱毛器を使用しているため、比較的痛みが少ない
  • 急な仕事や生理と被っても当日キャンセルOK
  • 褐色肌の方も施術可能
  • 剃毛代、アフターケアクリーム、中途解約手数料無料

パーツ脱毛が充実しているフレイアクリニックは脇8回18,700円(税込)です!

当日キャンセルが1回無料なので、お仕事や育児で忙しい方も通いやすいでしょう。

引用元:https://frey-a.jp/

↓↓まずは無料カウンセリング!↓↓
≫フレイアクリニックを
チェックする≪

執筆・編集

chisaki
chisaki
大手旅行会社営業職を経て、念願の美容ライターに転身。
「すべての女性の”キレイ”をサポート」をテーマに日々執筆中。
化粧品検定2級を取得し、現在は化粧品検定1級、健康管理能力検定1級取得が目標。
CONTENTS
閉じる