マッチングアプリでサクラ業者を9割以上の確率で見分ける15個の方法とは?

マッチングアプリ サクラ業者サムネイル

ハッキリ断言します。

マッチングアプリに業者はいます。

これは事実。しかし、その特徴と見分け方を知っているだけで、あなたが騙されることは100%に近い可能性でほぼ確実無くなります。

本記事をご覧になることで、過去に業者に騙された私の実体験に基づく見分け方が分かるので、是非ご覧下さい。

1.マッチングアプリに潜むサクラ業者とは?

業者のイメージ画像

まずは「サクラ」「業者」について、解説していきます。

1-1. サクラと業者の違いとは?

サクラと業者の違いはご覧の通りです。

サクラとは…

・運営会社が雇っている。
・目的は会員数を多く見せたり、アプリへの課金を促す役割。

一方業者はこうです。

業者とは…

・運営会社は関係無い。
・目的は他の会員を投資の勧誘や他の有料サイトへ騙して勧誘すること。

要するに、運営と関係しているか?目的は何か?によってサクラと業者に区別できます。

1-2. マッチングアプリにはサクラはいない。しかし業者はいる!

マッチングアプリにはサクラはいません。ところが業者がいるのは事実です。

サクラがいない理由は、こうです。

サクラがいない理由

①有名な「ペアーズ」「with」「タップル」は会員数が膨大である。
②従って、リスクを冒してまで会員数を多く見せる必要がないため。

ご覧のように、「ペアーズ」「with」「Omiai」「タップル」などの有名アプリは会員数が膨大なので、運営会社は「サクラ」というリスクを負ってまで会員数を多く見せる必要がないです。

主要マッチングアプリの会員数

ところが、運営とは関係がなく、個人で他のユーザーを騙す「業者」はいます。

本記事続きでは、その業者の特徴と見分け方を実体験に基づいて伝授していきます(見分け方は後ほど紹介)

2. マッチングアプリにいるサクラ業者の口コミ

マッチングアプリの業者に関連する口コミです。

まずは業者の特徴を知り、そしてその見分け方を知るところからはじめて下さい。

マッチングアプリの業者対策をしたいなら、まずは知識武装をしないと騙されるだけです。

3.マッチングアプリに潜む業者の見分け方15選

これまで2年間マッチングアプリを使っている筆者が業者の見分け方を伝授していきます。

見分ける項目は以下の通り。

注目すべきポイント

・マッチングアプリのプロフィール
・マッチングアプリのメッセージ
・LINE(連絡先交換した後)

実際に相手と会う前の段階での見分け方に焦点を当てて解説していきます。

業者に騙されてしまうと、

  • 投資の勧誘に遭遇したり
  • 他の有料サイトに誘導されたり
  • ぼったくりバーに知らず知らずのうちに勧誘されたり
  • いずれにしても出会い目的の人と出会えない

是非本記事を参考にして業者に対する知識武装をして下さい。

なお、記事をまとめるとご覧の通り。

業者の特徴

・写真が芸能人並みの美女orイケメン
・写真にラインIDが掲載されている。
・自己紹介文にラインIDがある。
・「返信に不便」と書いてある。
・写真が1枚だけ。
・写真がモザイクor加工してある。
・しかし、写真の雰囲気は美男・美女っぽい。
・仕事はフリーランスや自由業
・インスタ交換OKな人
・「ひとこと」がフッ軽な人
・ダーツ好きな人
・メッセージの会話が成り立たない
・ファーストメッセージが女性からですぐ誘う
・投資に関するメッセージ
・開始早々連絡先交換を提案してくる
・連絡先交換した後、アプリ退会している
・「紹介したい人がいる」などと言ってくる。

3-1. 業者の特徴と見分け方【アプリのプロフィール編】

アプリのプロフィールで業者を見分ける方法を伝授していきます。

①写真が美人、イケメンすぎる。
②写真にLineIDが隠れてる。
③自己紹介文にラインID掲載されて「返信に不便」
④写真1枚&モザイク&雰囲気良い
⑤フリーランスや自由業
⑥インスタ交換OKの人
⑦「ひとこと」がフッ軽すぎる人
⑧ダーツ好きな人

3-1-1. 写真が美人・イケメンすぎる人

プロフィールの写真が美人すぎる、あるいはイケメンすぎる人は要注意。

  • 本人の写真ではない可能性がある。
  • ネットから悪用した写真かもしれない。
  • 写真で無知なユーザーとマッチして騙すことが多い。

【このレベルは業者である可能性高い】

上記は業者にいる顔面レベル。相当美人ですが、こういった写真を使っている人はネットの写真を悪用していることが多いです。

なお、さきほどの写真の方は筆者がインスタでフォローしている方でマッチングアプリはやってませんし業者でもありません。

3-1-2. 写真にラインIDが隠れている

プロフィール写真にラインのIDが掲載されている人も業者です。

タップル 業者のプロフィール写真

写真が美人なので、理性に負けた男がLINE登録しそうになりますが、業者ですし会えはしません。

3-1-3. 自己紹介にラインID載せている人。「返信に不便」な人。

自己紹介文にラインIDを掲載しているユーザーは100%業者です。

ペアーズの業者プロフィール文章

また、こういった業者は「返信に不便」という文言が書いてることが多いです。

ペアーズ 業者プロフィールの文章「返信に不便」

いずれにしても、LINEのIDを掲載しているユーザーはほぼ100%業者なのでやり取りしないようにしましょう。

3-1-4. 写真が1枚&モザイク&雰囲気良い人

・登録している写真が1枚の人
・顔に加工してある人
・しかし写真の雰囲気はイケメン美女っぽい人

マッチングアプリ 業者の参考例

こういった人も業者の可能性が高いです。

雰囲気イケメン・美女の写真をネットで盗用してそれを加工して使っているわけです。

当然自分の写真ではないので、誰かの写真を使っているとバレる可能性があるため、使用枚数は1枚の傾向が高いです。

3-1-5. フリーランスや自由業の人

プロフィールの文章に「フリーランス」や「自由業」などと書いている人は要注意。

マッチングしてメッセージしてみたら、投資の勧誘だったなんて話はよくあります(筆者も経験あり)

そのため、プロフィールの文章はよく見て業者を排除しましょう。

3-1-6. 「インスタ交換OK」と書いている人

プロフィールの文章に
LINE×。インスタ交換なら〇
インスタ交換OKです
みたいに書いている人、絶対に業者であるわけではないですが、業者の可能性はあります。

過去に筆者がインスタ交換した女性のうち、9人中6人は以下の流れでした。

①インスタ交換する
②フォロー数に対してフォロワーが多いため、何かの界隈の有名人だと思う。
③インスタのDMでたわいないメッセージする。
④突如その子のストーリーで「1か月で○○円稼げる方法を〇人限定で教えます。詳細はDMまで」みたいな投稿をする。

特徴は、普通の一般人を装って、ストーリーなどで投資や危険な稼ぎ方の方法を伝授する旨の投稿をしてきます。

マッチングアプリで集客して、インスタで営業するといった流れです。

もちろん、インスタ交換OKな女性の全員が、業者だったわけではないですが、注意が必要です。

3-1-7. 「ひとこと」がフッ軽な人

マッチングアプリによっては、「ひと言」という機能があります。

タップル 一言

ここで以下のようなフットワーク軽すぎな内容にしている人は、ぼったくりバーの仲間である可能性が高いです。

フッ軽すぎる例

「今日夜から飲める人!」
「今日これから新宿周辺で飲める人!」

こういったひと言を設定している人はぼったくりバーとグルである可能性が高く、あなたから法外な値段をぼったくろうとしている傾向が高いです。

ぼったくりバーの実態(筆者体験)

・過去に「明日新宿で飲める人!」という一言を設定している女性と会った筆者は以下の通り。
・レモンサワー2杯(女の子の分も合わせて)
・柿ピー
・ハムとチーズ
・お店の滞在時間たった50分
・これで料金6万円

恥ずかしながら上記は筆者経験済み。

料金を支払う段階ならないと分からないので、かなり注意が必要です。

3-1-8. 「ダーツが好き」と書いてある人

ぼったくりバーと関連していてば、プロフィールの文章に「ダーツ好き」と書いてる人も要注意。

ぼったくりバーにはダーツが置いてあることが多いからです。

「ダーツが好き」と書いてあれば、異性はそこから会うための話題を広げるので、その流れでぼったくりバーに連れていかれます。

ここまでの内容を実践するだけで、プロフィールを見れば簡単に業者を見分けられるようになります。

3-2. 業者の特徴と見分け方【メッセージ編】

先程紹介したプロフィール編の内容を合わせて、これから紹介するメッセージ編の内容で業者を確定することができます。

メインはプロフィールで排除できるので、メッセージは簡単に紹介していきます。

業者のメッセージの特徴

①会話が成り立たない。日本語も不自由である場合もある。
→メッセージ相手が日本人ではない可能性がある。

②ファーストメッセージが女性からですぐ会おうとする。
→女性からメッセージすることはまれで、しかもすぐ会おうとする女性は経験上ほぼいない。

③投資に関する内容。
→投資に興味のある人かどうかメッセージでふるいにかけている。

④開始早々LINE交換を提案してくる。
→真剣な出会い目的なら、普通すぐに連絡先は聞かない。

⑤連絡先交換した後、アプリを退会している。
→相手に業者だとバレた場合、アプリで通報されないようにするため。

⑥ある程度メッセージしてから、紹介した人がいると言う。
→「師匠」みたいな存在。投資の勧誘です。

マッチングアプリは誠実な出会いを求める男女が集う場所です。

投資の勧誘など出会い以外の目的の場合は不審な点が見られるので、そこで簡単見分けることができます。

まずはプロフィールで見分けて、さらにメッセージでも見分けることで100%に近い確率で業者と遭遇しなくなります。

3-3. 業者の特徴と見分け方【LINE編】

アプリでLINE交換(連絡先交換)したら、業者はいよいよアクションを起こしてきます。

しかし業者もかなり慎重なので、メッセージでいきなり本題には入らないです。

何気ない会話から始まって気が付いたら、他のサイトに誘導されていた経験が筆者にはあります。

業者の見分け方

‹何気ない会話→投資の話や他サイトのURKが送られてくる›

上記の場合、ほぼ100%業者。なぜなら、誠実な出会いに不必要なやりとりだから。

実際の業者とのやり取り画面のスクショです。ご覧ください。

【業者とのやりとり】

業者とのLINEやりとり1

業者とのLINEやりとり2
※騙されやすいよう、女性経験皆無の設定で調査中

業者とのLINEやりとり3

絵文字の使い方がマジで胡散臭いです。多分相手の中身は40~50代のおじさんでしょう。

業者とのLINEやりとり4

ここで相手がアクションを起こしてきました。

お互いの写真を見せ合う場面なので、普通ならそのまま写真を送信すればいいものの、なぜか他のサイトを経由させてきました。

案の定この「アルバム」にあるリンクが有料サイトに繋がっていました。

ご覧のように、相手が業者なら会うこと以外の何かしら不審なアクションを起こしてくるので、そこで簡単に見分けることが可能です。

ここまでまとめるとご覧の通り。

業者の見分け方

1段階目:アプリのプロフィールで9割を見分ける。
2段階目:アプリのメッセージで最終選別。
3段階目:LINEで業者かほぼ100%分かる。

4. マッチングアプリで業者と会った体験談

ぼったくりバーの経験談です。

いつもと同じようにアプリを使っていたら、美女とマッチングした。しかも、その子のプロフィールのひと言には「明日新宿で飲める人」と書いてある。プロフィール写真は1枚で顔に加工してあった。しかも相手の女性から「明日飲まない?」という旨のメッセージが来て、話はとんとん拍子に進み、次の日の夜に新宿で会うことになった。
集合場所である新宿ピカデリー前に来たのは、写真とは若干違う女性で声はお笑い芸人「ユニバース」はらのようだった。
5分のほど歩いて、ビルに入る。50分ほど飲んでお会計がなんと60,000円だった。レモンサワー2杯、柿ピー、チーズ、ハムだけで。
女の子は当然払う素振りもなく、店員も脅してきたので、しかたなく払った。

今思えば、本記事で紹介した業者の特徴に当てはまりすぎていましたが、経験が浅かった当時は業者の餌食になってしまったのです。

5.  業者が極めて少ないマッチングアプリを使うべき

世の中には100を超えるマッチングアプリがあります。

しかし、今マッチングアプリを使おうかどうか迷っている人は下記の内容を満たしているものを使うべきです。

①安全管理が行き届いているアプリ。
②運営会社が信頼できる大手企業。
③ユーザーの口コミや評判が良い
④実際に使って会えている人がいるアプリ。

5-1. 安全対策が厳重なアプリの特徴とは?

安全管理が行き届いている優秀なマッチングアプリの特徴は以下を満たしているもの。

・公的身分証による年齢確認・本人確認をしているアプリ。
・運営が24時間365日監視しているアプリ。
・不審なユーザーをユーザーが通報できる制度のあるアプリ。
・ポイント課金制ではなく、月額有料課金制のアプリ。

ポイント課金制とは、アプリ内のアクション1つ1つに課金するアプリ(例:ハッピーメールなど)

一方月額有料課金制とは、決まった額を支払えばアプリ内のアクションは自由に使えるアプリ(例:ペアーズ)

過去2年間50以上のアプリを使ってきた筆者としては、絶対に後者の月額有料課金制のアプリをおすすめします。

5-2. 業者が極めて少ない月額有料課金制のマッチングアプリ2選

結論を言えば、ペアーズ、タップルの2つです。

この2つを使っておけば初心者でも問題なく出会えます。以下、業者について「極めて少ない」という表現をしますが、それは絶対に業者は0ではないからです。

ペアーズ|真剣な恋活・婚活をしたい人向け

ペアーズ 公式画像

ペアーズは累計会員数1,000万人を超える国内最大級のマッチングアプリ。

ユーザーの多くは真剣な恋活・婚活を目的にしています。

また、アプリ内には業者などの悪質ユーザーは極めて少なく以下のような安全対策を行っています。

・公的身分証による年齢確認。
・本人確認も実施。
・運営による24時間365日の監視。

業者が少なアプリで安全に出会いたい人向けのマッチングアプリです。

タップル|気軽な出会いを求める20代男女向け

タップル 公式画像

タップルは累計会員数600万人を超える人気マッチングアプリ。筆者イチオシのアプリです。

真剣な出会いはもちろん、気軽な出会いまで探せるアプリで20代の男女に人気です。

そんなタップルももちろん業者は極めて少ないです。行っている安全対策はこちら。

・公的身分証による年齢確認。
・本人確認。
・運営による24時間365日の監視。
・大手企業による運営。

安全対策はかなり厳重に行っているため、業者が極めて少ないです。

6. マッチングアプリの業者は知識で見分けられる

マッチングアプリ初心者も、少しやったことのある人もまずは本記事で紹介した内容を知っておくことが重要。

危険や不審な要素はまず避ける、を徹底することで快適にマッチングアプリを使って下さい。

本記事のまとめとして、要注意ポイントを以下にまとめておいたので、参考にして下さい。

業者の特徴

・写真が芸能人並みの美女orイケメン
・写真にラインIDが掲載されている。
・自己紹介文にラインIDがある。
・「返信に不便」と書いてある。
・写真が1枚だけ。
・写真がモザイクor加工してある。
・しかし、写真の雰囲気は美男・美女っぽい。
・仕事はフリーランスや自由業
・インスタ交換OKな人
・「ひとこと」がフッ軽な人
・ダーツ好きな人
・メッセージの会話が成り立たない
・ファーストメッセージが女性からですぐ誘う
・投資に関するメッセージ
・開始早々連絡先交換を提案してくる
・連絡先交換した後、アプリ退会している
・「紹介したい人がいる」などと言ってくる。

タイトルとURLをコピーしました